> カテゴリ
走行日誌
参加イベント
パーツ交換
整備
バイク紹介
ライフログ
アイテム
> お気に入りブログ
> メモ帳
ROTOR Q-RINGS
近ごろ板屋峠の面々のあいだで話題の"楕円"。なぜ今さら話題なのかと言うと、矢野さんが付けてみて大門〜背振を4分縮めてみせたからです。なんでも楕円を使っている秋吉さんと話していて、長らく店の在庫になっているQ-RINGSを思い出した、ってことらしいです。大門〜背振が1時間フラット。大串さんがMAC杯のあとに出したタイムに肉薄しています。

そんなわけで私も付けてみました(^^)
c0317097_19522723.jpg

変速性能が落ちるし「楕円に頼るより綺麗なペダリング!」と思って興味が無かったのですが、上りでインナーに固定できれば変速は関係ありません。上りに絞ってインナーのみを換えてみます。

FC9000の36TからQ-RINGSの36Tです。同じ36Tとは言えQ-RINGSは楕円です。ペダリングにおいて、テコの原理で最も力を掛けやすい4時の辺りにピークを持ってきています。それで最も重い位置では37.8Tのチェーンリングに相当します。反対に最も軽い位置では34.2Tです。
ちなみにスプロケは11-25T。英彦山では上りに絞って12-28Tに換えてもいいかも。

最近の私は通勤経路に板屋峠を取り入れているので、板屋の上りで楕円を試すためにこの日はパナチタンで出勤してみました。
c0317097_19522842.jpg

真円のアウターからインナーへ落としてみると、まずははっきり楕円であることを感じます。そのうちクランクが歪んでいるようなグニャグニャした感覚に変わります。あまり気持ちいいものではありません。
しばらくすると慣れてきます。しかし重い!楕円だから特定の位置が重いかと言うとそうではなくて、全体的に重いのです。けれど真円ならば回せない重さも、不思議と回せてしまいます。つまり3〜4時の辺りで重くなるのですが、6〜7時の下死点を過ぎるころにスーっと回ってしまいます。キツイ→けど回せる→キツイ→けど回せる、その繰り返しです。

この日のタイムは26'40”。通勤のためにバックパックを背負っていることやコンディションを考えるとまずまずのタイムですが、Q-RINGSはチカラを引き出すことができるけれどその分はやっぱり脚を削るのだと思います。
c0317097_19524987.jpg


仕事帰りも板屋経由です。
那珂川町から五箇山ダムへ向かう道すがらチェーンリングの違いに注意して走ってみました。

まず南畑の上りが始まるまでアウターで回します。リドレーでは何度も走る道ですが、パナでは南畑からの下りしか走りません(普段は板屋峠を越えたあとに下りてくることが多いので)。
2〜3%の上りが続くこの区間ではアウターに入れたまま面白いように進みます。リドレーよりも軽く伸びやかに走れて気持ちいいです。
アウターのままだと肝心なことが試せません。南畑の上りに入ってインナーへ落としてみました。途端に気持ちよく走れなくなります(-_-)やっぱり真円のほうがスムーズに回せるようです。
しかし楕円の力強さはスムーズさと別物です。とくにダンシングの時などは回転を意識せずにグイグイと踏んでいけて、リズムを刻みやすいように思いました。
南畑から五ヵ山へ登るような6%くらいのまっすぐで同じ勾配の坂ならばシッティングで回す真円のほうが楽かなあ。。。けれどそれにしてもタイムが縮まる訳ではありません。
c0317097_1952493.jpg

けっきょく登りに楕円を使うことは"楽ができる"のでは無くて"キツイことができる"ようです。

ところで楕円の短辺と長辺のうち、短辺が前方へ来たときチェーンは前方向へ引っ張られるのかな、と、考えていました。
短辺が前方へ来たとき上下には長辺×2が来て、それぞれチェーンを引っ張ります。長辺が前方へ来たときは短辺×2が上下に引っ張るので、短辺が前方のほうがチェーンをより張ってしまうのかな、と。もしそうならばペダリングのたびにリヤディレイラーを引くのでパワーロスしてるのではないかな?と思ったのです。
しかしよくよく考えてみると、ひし形の辺は4辺とも同じ長さなのでチェーンが楕円に掛かる部分の長さも一定に出来るはずです。それならばリヤディレイラーの位置も変わらないのかな。。。

そんなことを考えながら上っていました。
c0317097_195250100.jpg

家に帰ってスタンドの上で回してみれば分かることですけどね。やらなかったです(笑)
[PR]
# by cehiiii | 2015-05-25 23:00 | パーツ交換
モチベーション下げまくりです(~_~;)
ロードバイクで公道を走っていて、ほかの交通手段と「うまく折り合ってないな」って感じることありませんか。

車道の左端を走ることで自動車が追越し辛くなっていたり、歩道を走ると(私は走らないけど)歩行者との速度差があり過ぎて危険だったり。
路肩に避けて走行していると、右折レーンがある交差点で路肩は無くなるんですよね、幅員を確保するために。
左手から進入する自動車や、対向車線から右折しようとする自動車はロードバイクの速度が案外速いことを分からずに危険な割込みをすることがあるし。

ロードバイクが安全に走行するには法令や環境が追いついていない。危険がたくさんある。だけれどせめて交通ルールに従って走行したい。と思っています。
それでも交通ルールに従っていれば「走行するのは当然の権利」と思うのではなくて、ロードバイクが社会に受け入れられるマナーだって大事です。「自動車の運転マナーだって相当悪いよ」なんて言っても仕方ありません。だって自動車や歩行者はマジョリティー、ロードバイクは本当に少数派なのです。ロードバイクが危険な存在だと思われたら交通ルールだって変わるかもしれませんから。
マウンテンバイクがトレイルから締め出されたように、ピストが槍玉に挙げられたように、ロードバイクが禁止される日がくるかもしれません。
ロードバイクに法定速度30㎞/hの規制ができたらロードバイクに乗り続けますか?

そんな思いから一つの試みとして板屋峠の清掃活動に参加をしました。いつも走る峠道ですが、もちろん近隣の住民だっていますし、生活道路として利用している人もいます。
毎週のように集まるロードバイクが危険で邪魔な存在、自分たちとは違う存在だと思われないように。私たちが考えていることをアピールできて、身近な存在と思ってもらえたら良いなと考えています。
本気で板屋峠を綺麗にしようと思ったら毎日やらないと無理です(笑)。あくまでアピールです。

また、サイクリングマナーアップ・フォーラムと言う集まりも始まっています。
普段何気なく行っている自転車走行や正しいと思ってやっていることも、ほかのサイクリストや自転車に乗らない人と意見を出しあって違いに気づかされることが多くあります。これは何が良くて何が悪いということよりも、違う視点を持つことで自分の行動を見つめ直そうというものです。

自転車に乗っていても、右側を通行したり信号無視、並列走行、無灯火などなどルール無視の人が多くいます。ロードバイクに乗っている人にもこんな人がいます。そうした人に「ルールを守ろう」と言っても広まらないので、そんな高い意識を持って走行する方がかっこいいんだよって風潮がうまれたら良いのになと思いながら参加していました。

そんな中、自転車乗りの仲間から「ロードバイクはそもそも危険な乗り物だ」という意見がありました。
そういえばそうです。
時に50㎞/hにもなるロードバイクは安全に止まるために長い距離が必要です。また私たちが行っている集団走行の練習は並列走行(追越し?)を伴うし、自動車の人は追越し辛くなるでしょう。
そう考えると一方で「マナーアップを考えよう」と唱えているのに他方で迷惑な走行をしていることは、けっきょく自分の都合のいいようにコレは良くてコレは悪いと線引きしているだけのようです。

レースに出場するためには集団走行の技術は必ず必要なことですし、速い人と走ることで自分の限界を引き出していかないと速くはなれません。
比較的安全に公道で練習ができるものは単独で行うヒルクライムや低速でロングライドを走るくらいかもしれません。

週末の走行会もセンチュリーのイベントも、他人に迷惑をかけないという基準でいくと走れないことになります。

それで良いのかなあ。。。

それで今は練習会にも参加したい気持ちがおきません(ーー;)壱岐も近いのにね。。。
[PR]
# by cehiiii | 2015-05-24 12:27 | ライフログ
2015年のイベント(5月24日更新)
イベント情報のまとめ記事です。
近隣の気になるイベントを情報が出次第載せていきます(^^)。私の備忘録みたいなものです。
c0317097_18593990.jpg

今年の最初は天草下島一周サイクルマラソン。
c0317097_1343861.jpg

次はHSR。
c0317097_23333957.jpg
古湯。
c0317097_23334083.jpg
国東。
c0317097_042331.jpg

壱岐と続きます。なんだかんだ言って今年も出てますね。HSR 1戦目の後に阿蘇山ツーリングへも行ってます。
c0317097_23334915.jpg

今年は練習会への参加が多くてロングを走ることが少なくなっています。それはそれで楽しくもあり、つまらなくもあり。。。


072.gif印は今年私が参加するイベントです。


1月3日
BRM嘉麻200km

1月24日
BRM嘉麻300km

2月21日
BRM嘉麻400km

2月22日
きらら浜サイクルミーティング

3月1日
BRM大分200km

3月1日072.gif
第22回天草下島一周サイクルマラソン

3月1日
サイクルフェスタin桜島

3月15日
九州チャレンジサイクルロードレース

3月15日
ツールド佐伯ハイウェイステージファイナル

3月22日072.gif
HSR九州サイクルロードレース

4月4日
BRMヤマネコ200km

4月5日
第20回 球磨川センチュリーライド

4月26日072.gif
佐賀センチュリーラン in 古湯温泉 2015春

4月29日
オール九州3時間耐久ロードレースinオートポリス2015 第1戦

4月29日
久留米競輪タイムトライアル

5月3日072.gif
ツール•ド•国東

5月4日
HSR九州サイクルロードレース

5月10日
第7回ツールド糸島サイクリング大会

5月17日
第二回ツールド山口湾

5月24日
久留米競輪タイムトライアル

5月30日
ツール•ド•しものせき エキシビジョン クリテリウム

5月31日
ツール•ド•しものせき2015

6月7日072.gif
壱岐サイクルフェスティバル2015

6月7日
久留米競輪タイムトライアル

7月5日
ツール•ド•福岡 第2戦

7月26日
・オール九州3時間耐久ロードレースinオートポリス 第2戦

7月26日
第17回 サイクルマラソン阿蘇望

8月30日
・第40回 福岡県センチュリーラン大会

9月13日072.gif
HSR九州サイクルロードレース

9月20日
・ツール•ド•佐伯 2015

9月27日072.gif
第25回 英彦山サイクルヒルクライムタイムトライアル大会

10月4日
第2回 southern seto longride

10月25日
・第26回 志賀島チャレンジサイクリング大会

11月8日072.gif
HSR九州サイクルロードレース
[PR]
# by cehiiii | 2015-05-24 09:09 | 参加イベント
MAC杯 2戦目
今期2戦目のMAC杯。先日リドレーでプライベートベストの25'37”を出しているので24分台の期待が高まります。今回はパナチタン。軽いことは間違いありません!
近頃は通勤路に板屋峠を取り入れたりしているので平日の疲れがなかなかのものです。MAC杯へ向けて金曜日、土曜日は自転車に乗らずに疲れを抜くことに専念しました。

当日は6時起床。9時からのMAC杯へ向けて糸島峠を一本登っておこうかと考えていたのですが、タイミング良くテレビでツアーオブカリフォルニアがLIVE放送中。第7節、フランスの新鋭アラフィリップがサガンを置き去りにしてる場面です(^^)。おかげでウォームアップは無くなりました。

今回の出場者は16名。中村さんや藤本さん、おくつよさん、宮園さん達がDNSなのが残念ですが、居れば私の順位が後ろに下がるだけです。

では結果発表(早っw)

1位。Blue Grass 川上さん!。ついに18分台です。
c0317097_23395864.jpg

2位。福岡大学 田中くん!。若さには敵いません(いやイロイロ敵いませんけど)。
c0317097_2340071.jpg

3位。白糸の辻斬り 大串さん!。赤玉ブリーフは彼のためにあります。
c0317097_2340128.jpg

4位。PB更新の19分台 アダムさん!。さすが彼方此方のKOMに名前が上がるだけのことはあります。
c0317097_2340159.jpg

5位。Fastoriaの次期エース(とおくつよさんが言ってた)金子さん!。速いっ!
c0317097_2340217.jpg

6位。正屋からの刺客 ちかちゃん!。金子さんと潰し合わなかったら二人とも19分台?
c0317097_18254671.jpg


ここまでがシリーズポイントゲット。
あれ?私がまだ出てこないぞ。

7位。主催者 矢野さん!。
c0317097_234072.jpg

8位。大坪さん!。
c0317097_23402197.jpg

9位。無限のスタミナ 秋吉さん!。
c0317097_18254520.jpg

10位。肩のプレートはハンデなのか 冨田さん!。
c0317097_23401217.jpg

11位。どこまで速くなるつもりだ 龍元先生!。
c0317097_23401459.jpg

12位。上りはこの人のステージじゃないはずなのに GINRIN永友さん!。
c0317097_23401688.jpg

13位。ビーノさん!。
c0317097_23402083.jpg

14位。あれ?。。。
c0317097_23401822.jpg

15位。アシスタントご苦労様でした 福山さん。
c0317097_23401859.jpg

16位。取りを務める板屋の主 石橋さん!。
c0317097_23401967.jpg


おめでとうございます!
c0317097_23402364.jpg

結果は私のチカラの無さです。それはともかく楽しかったです。
c0317097_23402593.jpg



MAC杯も終わって久しぶりに背振を登ろうかと思いました(間違いの始まり)。
このときまではのんびり走って三瀬でお昼ごはん。「13時頃に帰れるかな」って算段だったのです。
メンバーは秋吉さん、ちかちゃん、冨田さん、アダムさん、永友さん。それと大串さんが「ノンストップ背振」をやるからと言って一旦降りてからタイムトラベル…違う、タイムトライアルです(ーー;)タイムトラベルって誤変換もなんやねん。。。

登り始めるとちかちゃんが付き合ってくれて心拍数についてレクチャーしてくれました。息が上がって返事も絶え絶えでしたが感謝感謝です(^^)。「膝が外股になってますよ」そうなのです、言ってもらわないと気付かないこともありますもん。

板屋の途中で見覚えのある背中を発見。REISYUYAで会う萩尾さんです。ついでに背振へ連れて行きましょう(^^)

板屋のピークで大串さんが追い越して行きました。これに反応するアダムさんを見送りつつ全員スタート。
自衛隊道路の入口でドリンクを補給して登りました。怪我のせいで案外と来ていません。今年最初の背振です。

背振の山頂で大串さんと萩尾さんが離脱。残った6人で蛤岳横断線から道の駅吉野ヶ里へ。下り基調とは言えアップダウンのある道を気持ちよくとばしてお昼ごはんにしました。もうこの辺でギブです(^^;;三瀬へ帰るつもりだったのだけどな。
c0317097_23402646.jpg

道の駅で永友さんが離脱。というかアダムさんを除く皆がそろそろ引き上げ刻だったのですけど、アダムさんが九千部山横断線を猛アピール(笑)。最近開通した林道らしくて、抜群の眺望と適度なアップダウンが楽しめるルートで是非走りたいと言ってます。一人で行かせるのも気が咎めたので結局、秋吉さん、ちかちゃん、冨田さん、私の4人でお供することにしました。ちなみに私と冨田さんは脚が終わっています。

眺望は確かに素晴らしかったです。
適度なアップダウン?まあ…毎度のことですが、そんな優しいものではありません。もうちょっと元気なときならば楽しめたかも。

↓本日の首謀者。アダムさん。
c0317097_23402683.jpg
お家が恋しかったです。。。

グーグルマップにはまだ無いようです。吉野ヶ里〜鳥栖〜基山〜筑紫野を経て大博多カントリーの辺りに下りてくるルートでした。
c0317097_23402715.jpg

[PR]
# by cehiiii | 2015-05-17 22:00 | 参加イベント
パナチタン復活です
全国5人くらいのパナチタンファンの皆様、お待たせしました(^^)。実に4ヶ月ぶりの復活です。
リドレーばかり乗っているので「パナチタンどうした!」「廃車か?」「売ったのか?」「リドレーが本妻なのか?」と言われたりしていましたが、いいえ違うんです。だって進まないんだもん(T_T)ほんとは3月に怪我が治ったときに合わせて使いたかったさ。


完全復活\(^o^)/
c0317097_12521033.jpg


デュラ化がメインです。フォークとリアリムも取替えられたのですが気付かないレベルです。
c0317097_12521240.jpg

c0317097_12521316.jpg

c0317097_12521416.jpg

c0317097_12521472.jpg

デュラ、ケバいかなぁと思ったりしたのですが、金属質のフレームに合ってしまいますね。
c0317097_12521561.jpg

c0317097_12521523.jpg

c0317097_12521640.jpg

いや。。。かっこいいんじゃないですか(^^)
c0317097_12521792.jpg

c0317097_12521778.jpg



コレの初乗りに、南米朝練に参加してきました。
c0317097_12521850.jpg

南米商会。ご存知ない方は是非調べてください。自転車の深淵が垣間見れますよ(笑)
福岡の老舗フレームビルダーでオーダーフレームNAMBEIを製作していますが、その技術たるや(^^;;、、、
競輪では「登録自転車」を使わなければならないことになっています。競輪選手は現在2,500人ほどいますが、その選手がフレームをオーダー出来るビルダーは全国に31社しかいないのです。その1社が南米です。選手1人1人の乗り方、筋力、体重、姿勢などを踏まえてフレームを作り上げるノウハウは一般人のそれとはレベルが違うはずです。毎日毎日トレーニングを重ねたプロ選手の要求に応えて支持されてきたのですから。

私が最初に本格的な自転車=FULLDYNAMIXを購入したのも南米でした。自転車にどっぷりハマるようになったきっかけはMAC cyclesでBRUNOのミニベロを手に入れたせいですが、MAC cyclesの矢野さんはかつて南米で修行された人です。もっと言えば土曜板屋をやっている中村さんも南米で修行しています。
私はREISYUYA bicycleでお世話になっていますが、REISYUYAの高橋さんがMAC矢野さんを「先輩」と慕っていなければ今のような付き合いは生まれなかったかもしれません。
私たちがホームコースと思っている板屋峠にしても、実は南米が年2回のヒルクライムレースをやっていたことが起源で、それは四半世紀を超えて続いていたそうです。

FULLDYNAMIX
c0317097_12521996.jpg

BRUNO
c0317097_12521934.jpg



南米商会というショップは私の自転車ライフにとってもルーツだと言える場所で、前々から尊敬の念をもっていました。それに若干の畏怖も(笑)。南米の常連さんは年齢層が高く、仲間内の連帯がガッチリ固まっていてお邪魔して良いのか不安です(^^;;。

そんな中、ツールド国東で「先生」に出会ったことがきっかけで、南米に出入りしている唯一の知人→百田さんに「朝練にきませんか」と声をかけていただいたのです\(^o^)/行きます行きます!国東の(渋滞の)疲れが抜け切れないけれど、この機会を逃すわけがありません(笑)
パナチタンにとっても郷里の総本家へ挨拶に行くようなもので、どんな風に見られるのかどきどきですよ。


今日の南米朝練はやはり国東を走った人が多くて、糸島を流して帰る軽めのコースです。
20人ほどで出発。今津運動公園まではゆっくりと集団走行。いったん止まって、ここから二見ヶ浦を通って伊牟田の交差点まで"自由に"走るそうです(^^;;。今日はnagi師匠が新しく組んだCOLNAGO V1-Rの具合をみるために走るから「付いていける人は行ってみて」とのこと。ちなみにnagi師匠は元S級の選手です。。。
c0317097_12522073.jpg

せっかく参加しているのに後ろの方に居ては覚えてもらえないし、誘っていただいた百田さんをがっかりさせてしまいます。「付いていける人」?の6人に混ざって今津運動公園をスタートしました。糸島半島の東側を北上しながら徐々にスピードが上がっていきます。
北崎保育園から先の上りで全員がnagi師匠に千切られそうになったのでスパート。なんとか上りのうちに背後に張り付きました。コース唯一の丘を越えて北側の海岸線へ出ると向い風がいっそう強く、後ろにいなければこの速度で走れません。
海岸線を西へ向かって高速巡航。後ろは切れて2人だけになっています。私はなんとか付いて行けましたが、ひょっとしたら付いていけるように速度を調整されていたのかも。。。(^^;;
伊牟田でゴール。皆さんの到着を待って移動しました。

糸島半島の西側へ移動して2ndステージ(^^)。松原交差点から北上して北側に出ると右折、芥屋ゴルフ場→伊牟田ゴールです。ゴルフ場手前で集団の最後尾にいた私は、上りで集団がバラけるのを見て速度を上げたのですが第2集団に入るのがやっと。ゴルフ場から下ったところの信号に掛かって先頭集団とは離れてしまいました。
そこから先頭交代しながら伊牟田でゴールスプリント。こんなことをしていると、アタックの掛け合いや手信号のやり方とか「あ。中村さんぽい」と思うことがあって、ひょっとしたら中村さんもこの中で走っていたことがあるのかもしれません。

最後は伊牟田から九大方向へ。途中で右に折れて、馬場の交差点。ここまでの丘が山岳ポイントです。下って杉野舎で休憩(^^)パンとソーセージを頂きました。

距離的には短いし、今回は国東の回復走行ということもあって糸島の平坦路を走っただけですが、速い人は速いしゆっくり走る人も自分のペースをもって大人の走りです。一緒に走らせてもらって安心感があるのは皆さんの経験値のおかげですね。
日曜日の7時から朝練をしているそうです。またお邪魔させてもらいます(^^)。ちなみに金曜日と土曜日に夜練も、、、こちらはお酒ですけどね。
そうそう。南米のチームジャージにはチーム名が「Nombe〜」となっています。
[PR]
# by cehiiii | 2015-05-05 21:00 | 走行日誌
HSR。今回は観戦だけ。
HSR第2戦。ツールド国東の翌日ということでもちろん参加するつもりは無かったのですが、第1戦が意外と楽しめたこと、龍元先生と勝負しなければならないこともあって「参加せざるを得ない(-_-)」と思っていました。

しかし当日は雨の予報。
集団走行の位置取りを会得して楽に走行できればなんとかついて行けるかも…という算段だったので、雨は想定外です。集団走行がまだまだ怖いです。
龍元先生はどうするかな?参戦するのかな?と思いながら様子見しているうちにエントリーが締め切られてしまいました(ーー;)事後に連絡をとってエントリーできないか尋ねたのですが、今回は定員に達したため無理とのこと。

せっかくなので皆さんの勇姿だけでも見ようと、妻を連れてドライブがてらに観戦してきました。

ちなみに前日の国東から帰ったのは5:00。後片付けして眠れたのは7:00、起きたのは9:00というタイムテーブルです(^^;;。
出発したのは10:00。高速に入ると太宰府ICを先頭に4㎞渋滞。そのあと鳥栖JCTを先頭に15㎞渋滞。GWです。思うようには運びません。

HSRに着いたのは13:15。ちょうどHSRの前で自走応援の上田さんを追い越しました。雨の中、宗像から熊本まで自走するなんて尊敬します。が、やってみようとは絶対思いません(笑)。
チャレンジクラスの決勝スタートは14:00の予定なので、これで間に合ったはずです。小雨が降る中をピットへ行ってみると、居ました居ました。
おくつよさん、早川さん、川上さん、ちかちゃん。永友さん。中村さんと秋吉さんはローラーでアップ中。中島さんは観戦のようです。
あれ?龍元先生がいない。。。
どこかな?
DNSかな?

と思っていたら。
c0317097_22571379.jpg

あれ(^^;;?ノービスクラスを走ってる(笑)
チャレンジクラスでエントリーしてないやん(笑)
これは勝負に賭けていた焼肉は無しでいいな(^^)。

龍元先生は結局単独走行になってしまったけれど、レース中は最後まで気持ちを切らさずにペダルを回し続けていました。結果そのものよりもそれはカッコよかったです。
c0317097_22571563.jpg


さて。チャレンジクラスの番。
c0317097_22571670.jpg

スタート!
c0317097_22571657.jpg


雨は止んだけれど路面は完全にウェット。レース巧者のおくつよさんが虎視眈々と狙います。
c0317097_22571796.jpg

秋吉さんの力強い走り。
c0317097_22571887.jpg

永友さんは普段よりもレースで力を発揮しますね。
c0317097_22571899.jpg

こちらは強者、川上さん。
c0317097_22571999.jpg

中村さんも狙ってます。
c0317097_22571917.jpg

ちかちゃんは集団の中を縦横無尽に走り回ります。
c0317097_22572083.jpg

早川さんは集団から遅れてしまいました。調子悪かったのでしょうか。
c0317097_2257216.jpg

おくつよさん、秋吉さん、中村さんの3ショット。ファイト!
c0317097_22572181.jpg

10周でラストラップ。
スプリンターおくつよさんの走り。2位に滑り込みました。おめでとうございます!!
c0317097_2257223.jpg


レースが終わって。あれ?おくつよさんが居ねーぞ。
c0317097_22572382.jpg


仕方ない。サービスショットだ。
c0317097_22572362.jpg

[PR]
# by cehiiii | 2015-05-04 18:00 | 参加イベント
雨の国東一周。。。そして渋滞
起きたら5:30でした(-_-)

ツールド国東の当日受付は6:30から始まります。うちから受付会場まで166㎞の道のり、高速を走って2時間かかります。

まずい(-_-)…
GWのイベントは今日のツールド国東。そして明日のHSRを予定していたのですが、HSRのエントリーをし損なっています。このうえ国東をDNSとなればGWがどんなに色褪せたものになるか。なんとしても走らなければなりません。
しかも、外は土砂降りの雨です。「午後から降るかもしれない」と思っていたけれど、すでにこの天気ですか。

支度を済ませて6:00に出発。このまま出走してもハンガーノックでは意味がないのでコンビニへは寄りました。
福重ICから都市高速へ。起きたばかりでフワフワした気分です。事故らないように気をつけよう。
c0317097_1330131.jpg


都市高速から九州道。大分道。速見ICで高速を降りるとそのまま日出バイパスへ。
c0317097_13301472.jpg

受付会場の杵築市文化体育館まであと2㎞のところで渋滞発生。時間は8:10、受付が終了する時間です。スタートは9:00なので最悪でもスタートに間に合えば走れるでしょう。しかし受付で渡されるチラシやタオルを置きにクルマまで戻らなければならないことを考えると8:30がリミット。

えいっ!と脇道に入り込んでクルマが離合できないような細い道を抜けて、少し離れた駐車場にたどり着きました。

受付を済ませたところで、次は荷物を置きに戻らなければなりません。ちょっと焦り気味です。

ここでPMVの西山さんにばったり。
「はい、オイル」いきなりオイルのボトルを渡されました。
「雨だから塗ってたほうがいいよ」
ああ、サングラスに塗るんですか。曇り止めに。
「違う。冷えるから脚に。たっぷり塗っておくといい」
おおぉ、ぼくそんなの使ったことないけど、今ちょっと焦ってるけど(^^;;で、でもこの好意はありがたいよね。分かりました!使わせてもらいます!

塗り塗り塗り塗り。。。

↑結果的にはすごく役立ちました(^^)マジありがとうございます!

焦りつつクルマへ。再び会場へ向かっていると百田さんご夫妻にばったり。
奥様の紀子さんには稲員(ぼく)に会う度に雨が降る「雨男疑惑」を持たれていますが、それはお互い様です。紀子さんと会うイベントは雨降りです(-_-)。

なんとかスタートには間に合いました。
c0317097_13301524.jpg


誰か居ないか?と探したけれどよく分かりません。1組目のスタートだったけれどスタート位置で見送りながら探してみます。
c0317097_13301573.jpg

分からん。。。

まぁいいや。

近ごろセンチュリーを走る意味を考えることがありました。
どこかの練習会で午前中のうちに100㎞走ったり、阿蘇までツーリングとかしていると、あらためてセンチュリーを走る必要があるのか?と思うようになりました。以前は完走することがチャレンジだと考えていたけれど、いまではそれほど難しいことではありません。そうと言っても順位やタイムを競うものでもないです。
それでは何を楽しみに走っているのか?

センチュリーというイベントがあるおかげでココを目的に仲間が集まったり、あるいは間接的に知っていた人と会えたり。そんな人たちが大勢集まって登ったり向い風に苦しんだりエイドを満喫したり同じ体験を共有する。そうか。私たちはゴールを目的に来てるわけじゃない。160㎞の過程を仲間と(仲間じゃなくてもたまたまペースが合った他人とでも)共有することを楽しみに来ているんだ。
考えてみたらすごく当たり前の結論でした。センチュリーは楽しんで走ろう。

そんなわけで仲間を探します(^^)。
コースの前半はアップダウン。獲得標高1900mのほとんどは前半で消化します。そんな急ぐつもりじゃないけど、周りとペースが合わなくて片っぱしから抜かせてもらいました。そのうち合う人が見つかるだろう。。。

と。集団の中をゆっくり走る濱田さん、山口さん、粢田さんを発見。「あの人たちがいつまでものんびり走るはずない」と思って先行して待ってみたけれど、一向に現れません。結局、彼らが追いついたのは昼食を食べ終えた第4エイド=粟島神社(93㎞)のことでした。どうやらずっとツキイチで走っていたらしいです。(楽しすぎやろw)

戴星学園(70㎞)の第3エイドで二人の南米ジャージに会いました。去年のこの大会では百田さんが終始南米トレインを牽いていたので「百田さんもいるのかな?」と思いましたが見当たりません。そのうち二人は出発してしました。
その二人を前方に見ながらこの日最後の天念寺へ向かう上りを登ります。徐々に一人が千切れて落ちてきたので、追いついて話しかけてみました。後に"先生"と呼ばれている人だと知ります。

去年の南米さんは百田さんが牽いてたけど、今年は見ませんね。
「うーん。出とらんのかもしれんね。宿は一緒じゃなかったよ。おるなら前の方やね」
(今朝会ったけど…まあいいや^_^)これ越えたら海岸線(国道213号線)まで向い風が強いですよねえ。
「そうやね。前を牽いて!(笑)」
そりゃ若いもんが牽かんといかんでしょうね(笑)

そんなわけで213号線へ出るまでの10㎞ほどを牽かせてもらいました。
最初はどの程度のペースが適当なのか分からなかったのですが、向い風にゆっくり走っていると先生が驚くほどの速度で抜いていきます。さっき登りに苦しんでいた人とは思えないくらいです(・・;)。心が折れそうになりながら、なんとか先生に追いつきました。

速っ!とても前で牽けませんよ(笑)
「いや。今のは頑張り過ぎた脚がつりそう(笑)」

これでは全力で牽かないと役に立てません。ついて来れるか気にする必要は全く無いので、そこから10㎞全力疾走です。
213号線へ合流するT字路の信号へ来たときに、信号待ちをしている南米の人たちを見つけました。やった(^^;;お役御免だ!

「ありがとう!おかげで仲間に追いつけたよ!」
いいやいいや、僕なんかお役に立ててないですよ(笑)

そこから昼食会場の第4エイドまでは5㎞ほどの道程です。
着いてがっつり食べていると前出の山口さん一行がやってきたので「もう後ろにつかせてもらおう(^^)‼︎」と一緒に出発しました。
c0317097_13301619.jpg

雨は降り続くし、走っていないと凍えます。西山さんのオイル塗ってて良かったなぁ。自分で買っておこう。

昼食会場の第4エイドから第5エイドまでは30㎞。山口さんに先頭お任せしてゆっくり走ります。今日の山口さんは原則的に他人に着いて走るので、ペースはゆっくりです。
それで、第5エイド(最終エイドです)は必要かな?と思ったのですが、ここの唐揚げが絶品!揚げたての唐揚げを刺した串なのですが、衣がカリッとお肉はやわらかく漬けたタレも美味しい!やっぱりセンチュリーはエイド寄らなきゃいかんですね(^^)。
出発前の駐輪場で、山口さんと粢田さんのバイクを立ててみるとシートポストの辺りから面白いほど水が出てきます。確実にボトル1本分くらい重かったはずです(笑)。どこから進入してどこに溜まるのでしょう。乗っているリドレーはBBの下部にフレーム内を通ったケーブルを出すための穴が大きく開いているので、フレーム内に大量の水が溜まることは無さそうです。

第5エイドをスタートして残り37㎞。
途中で濱田さんがすごい勢いで抜いて行きました。後から聞くと先にゴールして私たちの写真を撮りたかったらしいです。濱田さんに反応して40㎞/hオーバーで追いますが離れるばかりです(^^;;。150㎞も走っていて余計に疲れましたよ。

なんとかゴール、
c0317097_13301784.jpg

あ〜終わった終わった。
ずぶ濡れだし寒いし、片付けが憂鬱だけれどどこかで温泉にでも入ってリフレッシュしたいね。
ゴールシーンを撮影してくれた小川さんが「別府が霧で通行止めらしいよ」と話してくれていたけどフンフン何か関係あったっけ?と聞き流していました。

が!
関係大アリ!
ここから人生最大の渋滞が始まるとは、、、


後片付けをして、Facebookに投稿して返信して、会場を後にしたのは17:00のことでした。順調に行けばまだ明るいうちに帰れます。そんなに急ぐこともありません。

カーナビがやたらと宇佐経由で帰ることを勧めますがガン無視。疲れてるから慣れない道を通るよりいつも通り湯布院方向から帰ろう。「そういえば霧がどうとか言ってたなぁ」まあ時間も早いから多少徐行運転しても焦らず走ろうね。

カーナビを補正して別府ICを目指します。日出バイパスを走れなかったのはカーナビのせいか霧のためか定かではありません。カーナビに任せて海岸沿いを走る国道10号線で別府方向へ。夕方のせいか交通も多いです。
APU入口の信号を右折。ここから坂を登っていきます。APUとはアジア太平洋大学のことだな。たしか別府SAから見下ろせる山の中腹にあったっけ?と思いながら登ります。

あれ?なんだこの霧。。。
c0317097_13301777.jpg
高速が走れる霧じゃねえぞ。

路側帯に沿って走れるうちはいいのですが、交差点に入って路側帯が無くなると交差点の先がどこなのか全く分からないような霧です。もちろん信号も見えません。
そろりそろりと走ります。カーナビの到着予定時刻がどんどん遅くなって21時になりました。

なんとか別府ICまで着いたときにはもう日が暮れていました。がIC入口の車列が動きません。痺れを切らして直進車線をICへ近づいてみると「福岡方面通行止め」あ。そういうことか。。。
下道を湯布院ICまでいきますか。距離にして20㎞ちょっとです。

渋滞の始まり。
c0317097_13301873.jpg

途中から前にいるのが金子さんだと気付きました(笑)
c0317097_13301866.jpg

歩くほうが早いような渋滞です。Facebookを見ると多くの知り合いがこの渋滞に巻き込まれています。宇佐経由のほうが早かったわけですが後の祭りです。
城島高原を越えて湯布院を見下ろすと道がどこまで見えます。
c0317097_13301988.jpg

c0317097_13301943.jpg

c0317097_13312614.jpg

湯布院ICへ着いたのは午前様。20㎞に6時間近くかかりました。センチュリーを走ったお尻が座りっぱなしで痛いです。
疲れ果てて玖珠SAで仮眠。家へ帰り着いたのは明け方の5時過ぎのことでした。

今日はHSRの観戦へ行く予定でしたね。。。
[PR]
# by cehiiii | 2015-05-03 23:55 | 参加イベント
休足日です(^^;;
今日からGWって方もいらっしゃるかもしれませんね。自転車のイベントも目白押しのようです。

濱田さん、川上さん、山口さんほかいろいろ…オートポリスの三時間耐久へ行っているようです。
c0317097_14343011.jpg
(GINRINさんの写真を借用しました)
これきついだろうなあ。オートポリスはコースの高低差がけっこうあります。3時間…しかもゆっくりは走ってくれませんよ(^^;;

矢野さん、中村さん、藤本さんは久留米競輪の記録会です。今回の金子さんはオートポリスらしいです。
c0317097_14343173.jpg
(矢野さんの写真を借用しました)
バンク走ってみたいなあ。いちおうロードでも走れるそうです。
「ピストは綺麗に回さないと進まないのでペダリングの練習に良いですよ。シングルでも上りは意外と登れます。下りは地獄です(笑)」と中村さんが話していました。ピストを通勤に使いたいとも思いますが懐事情もありますしね。。。

ブルベ女子上田さん、チカちゃん、リハビリ中の冨田さん、秋吉さんなどなど…は英彦山に上っているようです。
c0317097_14343212.jpg
(上田さんの写真を借用しました)
ただし走るのは英彦山を絡めた京築アグリロードらしくて、上田さんらしいコース設定ですね(^^)

そして私。
昨夜の飲み会の影響で今日は家でゴロゴロしています。。。
会社の飲み会の必要性は分からなくもないのだけれど、休日が潰れてしまうので(肝機能が弱いのかな?)なるべく参加したくないんですよ。

もう休足日!と思って今日は一日ゴロゴロします( ̄ー ̄)
[PR]
# by cehiiii | 2015-04-29 14:07 | ライフログ
STRAVA始めました
自転車乗る人のあいだではメジャーなアプリ→STRAVA。私もiPhoneには入れていたのですが使い方覚えるのが面倒な気がしたりバッテリの持ちを心配したりでずっと放ったらかしでした。

Strava, Inc.「Strava GPS ランニング&サイクリング」
https://appsto.re/jp/fPnCz.i

今月から思い出したように使いはじめたら、簡単ですねコレ(^^)。
スタート押した後はバックグラウンドにしておくだけです。ルート上に設定された区間に入ると勝手に計測してくれて区間記録を他人とシェア。ランキングとなって表示されます。
私が通勤に使っている小笠木峠でも、帰り道の「おぎわら橋」の信号から峠越えまで区間が設定されているので、毎日記録を更新を狙って頑張ってしまいます。

そうは言っても、距離3.5㎞、獲得標高154メートル。11分間くらいのことです。やらないよりはマシだけど、これが板屋や英彦山で通用するかは分かりません。
c0317097_23261063.jpg


フォローしている人たち。励みになります(^^)
c0317097_23261113.jpg


近ごろ朝練を始める人が増えていて私も朝は板谷峠を越えようかな?と思い始めています。速い人が練習を重ねているのに、遅い私が同じことしていても離されるばかりですもんね。

こんな感じのルートになります。
c0317097_23261251.jpg
c0317097_0472188.jpg

板谷峠でも同じように上り慣れるときが来るのかな(^^)♪
[PR]
# by cehiiii | 2015-04-23 23:34 | ライフログ
イノシシ練
。。。かな?

ときどき参加させてもらっているイノシシ練と呼ばれる練習会は、いったいどういう集まりなのかよく分かっていません。Fastoriaの人が主体となっているような気がしますが、参加者はばらばらです。CCPPジャージがそうなのか?(肩口にディズニーのイボイノシシのようなシルエットがあります)でも、CCPPジャージを見かけることはほとんどありませんし。
c0317097_7124867.jpg
(借用しました)

ま。いいけど。
今日は土曜板屋の流れで、

→東脊振
→吉野ヶ里
→神崎
→大内峠
→北山
→七山
→白木峠
→今宿バイパス

を走ってきました。
c0317097_7124993.jpg


ほらね。ばらばらです。
c0317097_7124985.jpg

Fastoria、parabola、正屋、Blue Grass、GINRIN。
私もチームジャージを纏いたい気もしますが、どこか拾ってくれません(^^)?
[PR]
# by cehiiii | 2015-04-18 16:00 | 走行日誌
   

現実逃避にペダルを踏み始めた四十路おっさんのツーリング日誌など。コメントいただけると励みになるかもです。ロードバイク。パナチタン。ORT16。
by エイチ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
ROTOR Q-RINGS
at 2015-05-25 23:00
モチベーション下げまくりです..
at 2015-05-24 12:27
2015年のイベント(5月2..
at 2015-05-24 09:09
MAC杯 2戦目
at 2015-05-17 22:00
パナチタン復活です
at 2015-05-05 21:00
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧